目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

投資初心者には株式投資がおススメ!株式投資のメリットとは

f:id:YOSHIO1010:20181009011006j:plain

私も初めての投資は株式投資でしたし、株式投資から投資を始めた方は多いと思います。

なぜ株式投資から投資を始める人が多いのか、なぜ株式投資が投資初心者におすすめなのかを自分の経験も踏まえ説明します。

 

 

 

1.株式投資が投資初心者におすすめな理由

自分にあった投資手法を選択しやすい

保有している資産額や利益目標、投資にかけられる時間は人によって様々です。

少ない元手を少しでも増やしたい人もいれば、大きな元手をリスク承知で更に大きく増やしたい人もいます。

投資を生業にほとんどの時間を投資に費やす人もいれば、私のように会社に勤めていて昼間はほとんど投資に時間をかけられない人もいます。

株式投資では投資手法を適切に選ぶことによって自分にあった投資をすることができます。

例えば、日中も株価を注視でき、大きなリターンを得たいのであればデイトレード。

日中はあまり時間が取れないが、朝・夜は投資に時間を費やすことができ、そこそこのリターンを得たいのであればスイングトレード。

などです。

長期保有する場合でもテンバガーと呼ばれる株価が10倍になりそうな株を買い、一気に収益を得る方法と配当や株主優待でコツコツと利益を積み重ねる方法があります。

確定申告が不要

特定口座 かつ 源泉徴収あり を選択した場合に限りますが、確定申告が不要です。

投資を開始するにあたり、確定申告や会社にばれるのではないかと心配する方は多いと思いますが、株式投資では源泉徴収で課税されるため、確定申告は不要となります。

ただし、以下に該当しする場合は確定申告をしないと損をしてしまうため、確定申告を行ったほうがよいです。(義務ではありません)

複数口座を所持して、それぞれで利益、損失を出している場合

源泉徴収は利益に対して自動的に計算せれ課税されていきます。

1つの口座で10万円利益を出していて、もう一つの口座で5万円損失を出している場合、本来なら差額の5万円に対して課税されますが、源泉徴収の場合10万円に対して課税されてしまいます。

利益が控除額に収まっている場合

利益が控除額に収まっている場合は税金は不要ですが、源泉徴収の場合、利益が出た時点で課税されてしまいます。

損失を出している場合

源泉徴収の場合も課税はされませんが、確定申告を行うことで、翌年から最大3年間損失の繰り越し控除を行うことができます。

例えば、前年に20万円の損失を出して、今年に30万円の利益を出した場合に確定申告をしていると差額である10万円の利益分にのみ税金がかかります。

 

2.株式投資のメリット

NISAで非課税に

もうすでにご存じだと思いますが、NISA口座で取引を行うと売買による利益についても配当についても非課税となります。

また、今年から積立NISAが始まり、長期投資に対応したNISAも始まりました。

自分の投資手法に合わせて、選択できるようになったのもよいですね。

ただし、一つ注意点として、NISA口座での取引は損益通算できません。

つまり、特定口座で10万円利益を出し、NISA口座で10万円損失を出した場合、特定口座の利益10万円満額が課税対象となります。

税率が一律20%

2018年現在では復興特別所得税が加わり20.315%となっています。

所得税が累進課税である日本において、税率が一律であることは大変大きいです。

私は昨年仮想通貨でおよそ600万円の利益が出ました。

所得税、住民税含め、200万円ほどの税金を追加で納めることとなりました。

ですが、年明け後に仮想通貨はどんどん値下がりし、現在の利益は180万円ほどです。

つまり、納めた分の税金を収支に含めるとマイナスになります。

これが、税率20%であったならば税額は120万円になりますので、まだプラスになっていることになります。

固定の税率がどれほどお得か感じていただけたでしょうか。

情報が集めやすい

株に関してはブログや情報誌など、最新の情報を提供してくれるところがたくさんあります。

もちろん情報が多すぎるため、自分である程度精査はしないといけないですが、何も情報がないよりかは判断しやすいです。

また、国内のニュースが株価に影響しやすいため、常にニュースをチェックすることで株価を予想することができます。

過去のニュースだとノーベル賞受賞や東京オリンピック、IR法案などで株価が動きました。

 

3.まとめ

株式投資は昔からある投資でもありますし、なじみが深いと思います。

今は個人投資家が多いため、各会社が個人投資家を取り込もうと株主優待を充実させていたりもします。

投資はたくさんお金が余っていないとできないと考えている人も多いですが、それは投資手法によります。

株式投資は少額から取引もできますし、まず少額から始めてみて慣れてきたら段々と金額を上げていってもいいのではないでしょうか。

私は最初180万円から投資を始め、最初の2年間はマイナスでした。

その後、少しずつ投資額を上げていき、最終的には750万円入金し、日経平均の上昇もあり、現在は1千万円以上プラスとなっています。

最初から結果を出せる人ももちろんいますが、少しずつ慣れていくことは大事なことです。

何にしてもまずは始めてみることが大事なので、少額でも試してみることをお勧めします。