目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

積立NISAのメリットと通常NISAとの違い

f:id:YOSHIO1010:20181115195552j:plain

これまでのNISAとは別に2018年1月から積立NISAが始まりました。

今までのNISAと何が違うのか、積立NISAのメリットとは何かを見ていきたいと思います。

 

 1.積立NISAとは

2018年1月から始まったサービスで、今までのNISAと同じように非課税となります。

NISAよりも長く運用することを考えられており、名前の通り積立投資で最大限メリットを発揮できるようになっています。

 

2.NISAと積立NISAの違い

   NISA  積立NISA
 新規に投資できる期間  10年間
 (2014年~2023年)
 20年間
 (2018年~2037年)
 非課税となる期間  投資した年から最長5年間  投資した年から最長20年間
 年間投資上限額  120万円  40万円
 累計非課税投資上限額  600万円  800万円
 投資対象商品  上場株式、投資信託  一定の基準を満たす
 投資信託、ETF
 投資方法  一括買付、積立  積立のみ
 損益通算、繰越控除  できない  できない

 NISAより年間の金額が少なく期間が長いのが特徴です。

NISAのメリットである非課税であること、NISAのデメリットである損益通算や繰越控除ができないことは積立NISAでも同じです。

非課税であることを考えれば損益通算ができないことはしょうがないと言えるでしょう。

 

3.積立NISAのメリット

非課税で投資できる期間が20年であることが最大のメリットです。

その分、年間に投資できる金額は少なくなるため、短期間で大きく儲けたい人には向かないでしょう。

もちろん配当金も非課税となるので、高配当先との相性は良さそうです。

 

4.積立NISAのデメリット

NISAと違い、国の定めている、一定の基準を満たす投資信託、ETFにしか投資することができません。

上場株式そのものにも投資することができないため、好きな企業・株価が上がりそうな企業があり、その企業の株を買いたいという方は積立NISAでは購入することができません。

 

5.まとめ

私は損益通算ができないことからNISAはリスクが高いと判断し、利用してきませんでした。

損益通算ができないことは積立NISAも同じいですが、積立投資で長期間保有するとなれば一般的な株式投資よりリスクは低くなります。

また、他の記事でも記載していますが、私は投資額の上昇とともに投資先の管理に手が回らなくなってしまっている状況です。

そのため、システムトレードやロボアドバイザーなど半自動化できる投資に資金を移している最中となります。

積立で投資信託・ETFの長期投資の場合、銘柄の選定をしっかり行えば、ほぼ放置していてもリスクは大きくないと考えます。

私のこれからの投資方針に合致している部分も多いため、今後積立NISAは始める可能性は高いです。