目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

株を貸す?貸株制度でお小遣い稼ぎ

f:id:YOSHIO1010:20181218140537j:plain

証券会社によっては貸株という制度を実施しているところがあります。

自分で持っている株式を証券会社に貸し出すことで金利を受け取ることができる制度です。

メリット・デメリットをしっかりと把握することで、無駄なくお金を稼ぎましょう!

 

1.貸株制度とは

冒頭にも記載しましたが、自分の持っている株式を証券会社に貸すことで金利を受け取ることができる制度です。

銘柄ごとに金利が決まっていて、その銘柄分の金利を受け取ることができます。

また、証券会社ごとに金利も違います。

1%未満の銘柄がほとんどですが、中には10%も金利が受け取れるような銘柄もあります。

 

2.貸株のメリット

証券会社によりサービスの内容や手続きが異なると思いますので、ここからは私が利用している楽天証券での話になります。

メリットは特に何もしなくてよいことです。

最初に設定さえしてしまえば、新規で購入した株は自動で貸し出され、その状態でも何も気にすることなく売却することができます。

何も気にせず売買をして、保有期間分の金利を受け取ることができます。

配当や株主優待目的で長期に保有している銘柄と相性がいいのではないでしょうか。

 

3.貸株のデメリット

配当や株主優待が受け取れなくなる!?

株を貸している場合、株主が自分ではなくなってしまいます。

つまり、貸株をしていると配当や株主優待を受け取れなくなってしまいます。

メリットに書いていることと矛盾しているようですが、現在は「配当・株主優待優先」とい設定を選択することができ、この設定をしておくと権利日に自動で株を返してくれます。

そして、翌日にまた貸し出されるので、設定さえ間違っていなければ何もせずに配当も株主優待も受け取ることができます。

配当・株主優待が目的の方は設定を間違えないようにしましょう。

 

長期保有特典のある銘柄に注意

もう1つ注意点としては長期保有の特典がある場合です。

「〇回連続同じ株主番号で株主名簿に記載されていること」という場合があります。

株主番号についてはネットでも様々なことが書いてありますが、実際のところは分かりません。

保有株式をすべて売却して買いなおしたら株主番号が変わる、全部売却しても同じ証券会社で次の権利日までに買いなおせば株主番号は変わらないなど。

はっきりと分からない以上はリスクは抑えておくべきだと思います。

楽天証券では「一部貸し出す」ということが可能で、保有している株式から全部ではなく一部のみ貸し出すことができます。

この設定をしておくことで、確実に株主番号は変わらないので、長期保有の特典がある銘柄については「一部貸し出す」としておいた方がいいと思います。

 

配当金と配当相当額の違いに注意

株主優待は興味ないよーという方にも1つ注意点があります。

それは配当金についてです。

前述したように貸株中は自分の保有株式ではなくなるので、配当金は受け取れなくなります。

その代わりに配当相当額を受け取ることができます。

じゃあ変わらないじゃんと思った方も多いと思いますが、配当金は分離課税、配当相当額は総合課税となります。

つまり、配当金の代わりに配当相当額を受け取った方は確定申告をしなければなりません。

配当金を確定申告した際に受けられる配当控除もありません。

株主優待に興味がない方も「配当優先」の設定をしておき、配当相当額ではなく配当金を受け取れるようにしておくべきでしょう。

 

4.まとめ

デメリットを長々と書いてしまったため、デメリットに対してメリットが少ない制度だと思われたかもしれませんが、デメリットのほとんどが注意点です。

設定さえしておけば、それ以降は何の手間なく金利を受け取れる制度です。

ただし、何度も言いますが、設定の見直しだけはしっかりと行いましょう。

受け取れる金利はそう高くない銘柄が多いです。

金利は受け取れたけど株主優待は受け取れなかったなんてことになってしまったら、やらなければよかったってことになりかねません!