2

目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる投資・副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

株でもレバレッジ投資?ハイリターンのCFDとは

f:id:YOSHIO1010:20181223172250j:plain

最近の流行はインデックス投資をはじめとした、ローリスクな投資だと思います。

ただ、ローリスク・ローリターンの投資だけでは、大きな財を築くことはできません。

そこで、株式投資でもレバレッジ投資が可能なCFDとういう投資をご紹介します。

 

 

 

1.CFDとは

CFDとはContract For Differenceの略で差金決済取引のことです。

差金取引のため、実際の売買等は行われません。

「買い」の注文から「売り」の注文の差額分のみの取引を行います。

FXと似ていると似ていると感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、その通りです。

CFDの中で為替だけに絞ったものがFXと言えるでしょう。

 

2.CFDのメリット

様々な商品に投資可能

前面に株を出してしまいましたが、CFDで取引できるのは何も株だけではありません。

個別株以外にも株価指数(日経225やS&P500など)、商品(金スポットや原油など)など多数です。

 

レバレッジでハイリターン

FXと同じように高レバレッジで少ない元資金で大きな取引を行うことができます。

レバレッジ上限は以下のようになります。

個別株:5倍

株価指数:10倍

商品:20倍

 

買いからでも売りからでも注文可能

信用取引のように売りから注文することも可能なため、下げ相場の時でも利益を出すことができますので、あらゆる局面で利益をあげることができます。

 

3.CFDのデメリット

元資金より高い金額の取引を行うということはハイリターンの可能性もありますが、その逆もあり得るのです。

投資資金すべてを失うことや投資資金以上の損失が出る可能性もあります。

現在はレバレッジ規制や強制決済によるロストカットが行われるため、FXが始まったばかりのような数千万~数億の借金ができることはあり得ないですが、損失リスクも考えて取引を行いましょう。

 

4.まとめ

CFDはハイリターンを期待できる反面、大きな損失出してしまう可能性をはらんでいます。

少しずつ資金を増やしたい、将来年金だけだと心配だから少しでも資金を増やしたいという人には不向きだと思います。

ただ、今持っているお金を数倍に増やしたいという人はローリスクの投資だけでは何十年もかかってしまいます。

そのような人は損失リスクを抱えても取引するメリットはあるのではないでしょうか。

私も資金3000万、5年間で資産1億をめざしているので、CFDは行うことにしました。

GMOクリック証券で口座を開いたため、1月から取引を開始する予定です。

私の取引結果については当ブログにて報告いたします。