目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる投資・副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

投資か投機かギャンブルか?結局何が違うの?

f:id:YOSHIO1010:20181226223959j:plain

投資をしていると投機という言葉に出会うと思います。

よくあるのは「~投機だからギャンブルみたいなもんだ」というのが多いです。

このことから「投機=ギャンブル」と思っている方も多いのではないでしょうか。

結局のところ投機とは何なのか、投資とは何が違うのか、投機は本当にギャンブルと同じなのかを見ていきたいと思います。

 

 

 

1.投資とは

利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。「土地に投資する」「若いピアニストに投資する」
経済学で、一定期間における実物資本の増加分。

出典 小学館 / デジタル大辞泉 

 2は経済学についてなのでここでは省きます。

基本的には利益を得る目的で資金を投下することを言います。

ただ、それだと投機もギャンブルも同じですよね。

ですので今は、その後ろに書いてある将来を見込んで金銭や力をつぎ込むことと考えている人が多そうです。

 

2.投機とは

利益・幸運を得ようとしてする行為。
将来の価格の変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる商品や有価証券などの売買。
禅宗で、修行者の機根が禅の真精神にかなうこと。師家の心と学人の心とが一致投合すること。 

出典 小学館 / デジタル大辞泉 

 3は宗教についてなので、やはりここでは省きます。

1に書いてあることは投資とあまり変わりません。

2に書いてある将来の価格の変動を予想して~差額を利得するというのが投機の特徴となりそうです。

 

3.ギャンブルとは

賭(か)け事。ばくち。 

出典 小学館 / デジタル大辞泉 

 めちゃくちゃシンプルですね。

胴元や対戦相手がいて、勝つか負けるかの勝負事に金銭を用いたものというのが一般的だと思います。

パチンコや競馬、宝くじなんかが胴元のいるギャンブル。

麻雀なんかが対戦相手とのギャンブル。

といった感じですね。

 

4.結局何が違うのか

投資は将来性に資金を投じること、投機は将来の価格に資金を投じることという分け方ができそうです。

あまり変わりなさそうですが、資金を投じる目的によって違いが出てきそうです。

例えば、株式投資で考えると以下のようになります。

この会社のサービスは面白い。今はまだ知名度が低いがこれからどんどん大きくなっていくだろう。と資金を投じるのが投資。

この株チャートがゴールデンクロスになってる。何やってる会社か分からないけど買っておこう。と資金を投じるのが投機。

ギャンブルについてはそもそも仕組みが違います。

得するか損するか分からないものをすべてギャンブルという場合が多いですが、そうではありません。

プロの投資家がいるようにプロのギャンブラーもいて、ほぼほぼ損しない立ち回りができている人もいます。

負けている人が多いという意味では投資も投機も同じです。

 

5.事例

少し事例を挙げて、投資なのか投機なのか見ていきましょう。

まず、2017年に一気に話題になった仮想通貨についてです。

仮想通貨については投機だと言っている人が大多数です。

確かに、2017年後半の上がり方を見て、よく分からないけど資金を投じていった場合は投機なのでしょう。

ただ、仮想通貨という仕組みに将来性を感じ、今後世の中でどんどん広まっていくと信じて資金を投じていた人も投機なのでしょうか。

この人達は仮想通貨に投資をしていたといってもいいのではないでしょうか。

次に株式についてです。

あえて頭に投資とつけなかったのですが、株取引を行っている人は大体「株式投資をしています」と言いますが、どれだけの人が投資をしているのでしょうか。

オリンピックが決まれば関連株が買われ、ノーベル賞が決まれば関連株が買われる。

最近ソフトバンクのIPOがありましたが、購入した人のほとんどが上場直後は値上がりするだろうと予測し、上場日に売り抜けることを想定していたりしたのではないでしょうか。

※ソフトバンクは上場前に色々と問題が立て続いてしまったため、投資家の方は避けた人も多いと思います。

 

6.まとめ

寄付のような投資は別として、将来性を期待しているということはそれによって利益ももたらしてくれると思っていることがほとんどです。

そうすると投資と投機の区別はむつかしいです。

世間一般的には投機は避けるものとされていますが、個人的には投資だろうと投機だろうとかまわないと思います。

稼ぐためにやっている以上、大事なのは勝つこと(負けないこと)です。

自分の行っていること、行おうとしていることが、投資に分類されるのか投機に分類されるのかなんてことよりも、その投資(投機)で勝つ手法の情報収集やどうすれば利益を出せるのかを考えることの方が大事です。