目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる投資・副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

NEMのハーベストって何?マイニングと何が違うの?

f:id:YOSHIO1010:20181226225451j:plain

マイニングについては名前を聞いたことがある方が多い思います。

ただ、NEMのハーベストについては「何それ?」って方の方が多いかもしれません。

今回はビットコインのマイニングとNEMのハーベストは何が違うのかということと、NEMのハーベストがお勧めの理由を説明します。

 

 

 

1.NEMのハーベストとは

 ハーベストとは、NEMのブロックチェーン上で行われた取引を承認する作業のことです。

約1分に1回行われ、ハーベストをした人は報酬を受け取れます。

また、重要度という指標があり、重要度が高ければ高いほど報酬を得られる確率が上がります。

重要度はNEMの取引を多く行っている人ほど高くなります。

なので、必ずしも資金力がある人が高いわけではありません。

※お金が多いほど有利なことは変わりませんが

 

2.ビットコインのマイニングと何が違うのか

細かい仕組み等は省略して、実施する上でのメリット、デメリットを中心に説明します。

マイニングは発掘した人が報酬をもらえる仕組みとなっています。

そのため、他の人より早く発掘しようという競争が激化し、マイニングで報酬を得るためにはかなり高スペックなコンピュータが必要になりました。

そのため、始めるための設備投資や運用のための電気代等のコストが多くかかってしまいます。

他人のPCをマイニングに利用するウイルスなんかも出てきたくらいです。

現在は電気代の安い国で高スペックのコンピュータを何十、何百台と用意して、企業レベルでマイニングしているしていることがほとんどです。

昔は普通の大学生がマイニングで大儲けしたというようなニュースもありましたが、現在では不可能だと思われます。

対して、ハーベストは一定条件を見た人全員の中からランダムで報酬を受け取れます。

つまり、ハーベストで報酬を受け取るために高スペックなコンピュータは必要がないということになります。

 

3.ハーベストのメリット

マイニングとの違いでも記載しましたが、ハーベストの報酬を得るために高スペックなコンピュータは必要ないため、コストなしで始められることが最大のメリットです。

また、デリゲート(委任)ハーベストというものがあり、デリゲートハーベストはオフラインでもPCの電源を切っていてもかまいません。

最初に設定さえしてしまえば、普段は特に何もしていなくてもハーベストできます。

 

4.ハーベストのデメリット

ハーベストはランダムで報酬が与えられるため、どんなに頑張っても高スペックなコンピュータを用意しても報酬を得られるかどうかは運しだいということになります。

そのため、マイニングのようにそれだけで一財産稼ぐということはできません。

 

5.デリゲートハーベストの行い方

これについては別記事にまとめましたのでそちらを見てください。

なるべく分かりやすいように画像を多く使い説明しています。 www.aim-at-100million.com

 

6.まとめ

事業として本格的に投資して実施するならばマイニング、個人が副業程度に実施するならばハーベストの方がいいです。

現在はNEMの金額も下がっているため、ハーベストで得られる報酬も円換算すると大した金額になりません。

そのため、積極的にハーベストを推奨するわけではありませんが、私のようにNEMの価値を信じ保持を続けている人は、ただ持っているだけよりハーベストを行った方が少しでも収入を得られるため、行った方がよいです。

また、ハーベストを行う過程で保持しているNEMをウォレットに移すことになるため、セキュリティ面でも安全です。