2

目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる投資・副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

株式取引を始める前にマイルールを定めよう!

f:id:YOSHIO1010:20190110002713j:plain

株式投資の方法を調べると必ずのように「マイルールを定めてその通り取引をしましょう」と書かれています。

私はマイルールなど定めていませんでしたが、結果を残すことができたので、全く気にしていませんでした。

ただ、私が株式投資を始めた時の日経平均は8000円台でしたので、日経平均は約3倍となっています。

適当にやっていたとしても結果が出ても当たり前だったのです。

昨年は日経平均も下がり、私の株式投資の収支もマイナスで終わる結果となってしまいました。

ですので、今一度株式投資において、マイルールを定めた方が良い理由を調べましたので、その内容を共有したいと思います。

 

 

 

1.マイルールとは

マイルールとは株式取引を行う上で、自分で定める守るべきルールのことです。

「自分で決める」ということがポイントで、「こうしなさい!」インターネットでもほぼ記載されていません。

それはどのような投資手法をとるのか、資金はいくらなのか等により変わってくるからです。

 

2.マイルールのポイントは

どのようなルールにすればよいのかインターネットでも記載されていないといっても全く情報がないわけではありません。

一般的に定めておいた方がよいとされるものを記載します。

・利益確定ラインを定めておく

・損切りラインを定めておく

・購入する株式の理由を定めておく

  ①チャート

  ②PER,ROEなど

  ③業種

  ④業績

何もすべてを決めておく必要はありません。

ただし、損切りラインだけは決めておくべき、と言われています。

また、利益確定ライン(%) > 損切りライン(%)と定めておく方がよさそうです。

これは、プロでも相場を予測するのは難しいため、勝率を6割以上にするのが難しいからだそうです。

例えば、利益確定ラインと損切りラインを同じに設定していて、勝率が5割の場合は以下のような推移になります。

例:元金100万円、利益確定ライン10%、損切りライン10%、3勝3敗

1回目:勝 1,100,000円

2回目:勝 1,210,000円

3回目:負 1,089,000円

4回目:負   980,100円

5回目:勝 1,078,110円

6回目:負   970,299円

勝、負の順番は適当ですが、3勝3敗の場合、最終的な金額は変わりません。

これは、勝→負の順番の場合、利益分の10%も損失が出てしまい、負→勝の順番の場合、損失分の10%の利益を得られなくなってしまうからです。

そのため、利益を出すためには勝率を上げるか、利益確定ラインを損切りラインより上げる必要があります。

例えば、利益確定ラインを12%とした場合は3勝3敗後の金額は1,024,193円となり、利益を出すことができます。

 

3.なぜマイルールが必要なのか

人間は感情に流されやすい生き物です。

そして、物事をいい方に考えてしまうものです。

例えば、ギャンブルをなさる方は、勝っている時はずっと勝ち続けられるような感覚に、負けている時は取り戻せるはずと思ったことはないでしょうか。

私はパチンコや競馬はやりませんが、宝くじを買った時は「今年は当たりそうな気がする」といつも思っていました。

この「勝ち続ける」や「負けを取り戻す」には何も根拠がありません。

もちろん宝くじの「当たりそう」も根拠がありませんし、実際当たっていません。

下がってきた株式を「そのうち上がるはず!」とずっと持ち続けていると、その間ずっと売れなくなってしまいます。

つまり塩漬け状態です。

「含み損は確定していないので損失ではない」という方もいらっしゃいます。

実際にその通りです。

含み損の状態では損失として損益通算もしないので、見方によってはまだ損失として確定していないと言えるのかもしれません。

ただし、投資の世界では実損失以外に「機会損失」という言葉があります。

これは利益を生み出すことができるタイミングを逸してしまうことを言います。

株を塩漬けにしておくということは、その分の資金を投資に回すことができなくなってしまうため、この機会損失はかなり多くのタイミングで発生してしまいます。

塩漬けが良くないとされているのは、含み損が損失なのかどうなのかということではなく、機会損失が多く発生してしまうためです。

 

4.まとめ

私も今年からは初心に返り、株式投資に力を入れようと考えています。

今まではあまり勉強もせず知識がない状態でも、日経平均の上昇により結果を残すことができていました。

ただし、これからは今までのような上昇まではないと考えています。

そのため、これから利益を上げていくためには日経平均が横ばいでもしっかりと利益を積み重ねていける、実力が必要になってきます。

今まで無視し続けてきた、株式投資をするにあたってすべきこと、知っておくべき知識について勉強していきたいと考えています。