2

目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる投資・副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

株主優待が仮想通貨!?マーチャント・バンカーズが株主優待を発表!

f:id:YOSHIO1010:20181014014708j:plain

2019年1月18日、マーチャント・バンカーズが株主優待の新設を発表しました。

その内容が衝撃だったので、お知らせします。

あえて言います。

オススメしているわけではありません!

 

  

1.マーチャント・バンカーズとは

マーチャント・バンカーズは不動産の賃料収入やホテル・ネットカフェの運用を行っている会社です。

2018年3月期に新設した「プレミアム優待倶楽部」の株主優待をたった一度で廃止したことでも話題になりました。

 

2.新設した株主優待

「502 BAD GATEWAY TOKEN(Z502)を502万枚」と「Z502 Watch」をもらうことができます。

正直、何のことだか分からないと思うので、補記します。

Z502とは

502 Bad Gateway Token (Z502)は、仮想通貨投資家保護のために生まれたコミュニティートークンです。
取引所の怠慢により被害を受けてしまった投資家に、トークンを補償することで、セーフティーネットとして働いています。
今後、仮想通貨取引所で”502 Bad Gateway”の文字列が表示されるたびに、投資家たちは歓喜の声を上げることでしょう。
取引所の怠慢に対する圧力としての”502 Bad Gateway Token”。
投資家の投資家による投資家の為の通貨。
今後、本トークンが投資家救済以外のさまざまな用途(時計の販売など)にも使われるよう、コミュニティー拡大と開発を進めて行きます。

引用元:Z502 / 502 BAD GATEWAY TOKEN 

 簡単に言うと、仮想通貨取引所でサーバエラーが発生するたびにこのトークンを配布して、取引できなかったことによって被害にあってしまった投資家を救済するよってことです。

ただ、投資家保護なんて崇高に語っていますが、トークン名やこれからの事業プランなどを見ても、ただただ某取引所をディスっているだけです。

今後の事業プランとしては下記のようになっています。

2019年
 502 Bad Gateway Safety netテストネットローンチ
 Z502で購入可能な時計の販売開始
2020年
 502 Bad Gateway Safety netメインネットリリース
 Z502で購入可能な502プレミアムウォーターを販売開始
 Z502で購入可能なキャンプファイヤー用の薪を販売開始
 大阪市ミフネ本町ビルに配置
2022年
 某国内取引所を買収
 サーバーの脆弱性改善を開始
 世界最高品質の時計の販売開始
2030年
 デススター建設開始

 

仮想通貨と関係ない用語がたくさん出てきますが、「zaif + その用語」で検索すれば何を意味するのかが分かると思います。

2022年の「某国内取引所を買収」は厳しいですかね。

取引所の運営がフィスコ仮想通貨取引所に変わりましたので。

 

大事なことを忘れていました。

500万Z502 = 0.1BTC

となります。

2019年1月31日23時の相場で約37,000円となります。

 

Z502 Watchとは

Z502をモチーフとした時計です。

なんとあのFrank Miura製です!

大事なことなので、もう一度言います。Frank Miura製です!

そう、日本を代表する時計メーカーのフランク三浦です!

正直おふざけが過ぎます。

これも一応値段を・・・・・。

今夏に3万円程度で販売予定とのことです。

 

優待をもらうのに10,000株が必要

優待の対象者は10,000株以上保有している株主に限定されます。

2019年1月31日終値時点で363円のため、10,000株所有するには3,630,000円必要です。

360万円とうししてもらえるのが、よく分からない仮想通貨とフランク三浦の時計です。

 

3.投資家の反応は

 散々な反応ですね。あたりまえですが。

 特に前回の「プレミアム優待クラブ」の優待が優待利回りもよく人気だったので、たった一度で終わった後に次がこれ、というのも大きいと思います。

 

4.まとめ

株主優待発表後も市場は全く反応しませんでした。

普通は多少なりとも反応があるものなんですが。

はっきり言ってこんな優待で株主が釣れるわけがありません。

買う人はどうかしていると思います。

ということで、YOSHIOは10,000株購入しました!

3月末が楽しみだなー