目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる投資・副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

KDDIがカブドットコム証券にTOB!だが時既に遅し・・・

f:id:YOSHIO1010:20190213010624j:plain

2019年2月13日にKDDIがカブドットコム証券にTOBを行う旨を発表しました。

headlines.yahoo.co.jp

IPOとTOBは株式投資を行う上で2大チャンスと言っても過言でないでしょう。

先日もNTTデータによるネットイヤーグループのTOBが発表され、瞬く間に株価は2倍近くに上昇しました。

これは、株価とTOB価格の乖離がすごかったため、TOB価格に株価が吊り上げられた形なので、普通はここまでの上昇は見込めませんが。

 

買付価格は559円で4月下旬の開始を目指すとのことです。

2月12日終値で529円なので、およそ5%超の値上がりは見込めそうです。

ただ、1月24日にKDDIが「出資する方向に入った」と発表した直後に既に値上がりをしていて、2日連続のストップ高で380円ほどから540円ほどまで上がりました。

かなりの出遅れ感はハンパありません。

 

一応サラリーマンとして働いている以上、株の情報を収集する時間は限られてしまいますし、市場が動いている時は仕事をしていることが多いです。

今までは如何に株式投資で儲けるかということばかりを考えていました。

ただ、株式投資は情報が命とも言えます。

どれだけ早く情報を仕入れ、株価に反映される前に取引できるか。

実際の取引で儲けた、損したなんてことよりも、どのようにしたら限られた時間で有用な情報を取得できるのかというのを考えた方がいいと思いました。

 

今更と思っている人も多いでしょうが、私のようにストップ高やストップ安になっているのに気づいて、初めて理由を知るというパターンばっかりの人も一定数いるのではないでしょうか。

そのような人はきっと取引所の株価や四季報なんかは読んでいるけれど、リアルタイムの情報収集が足りないのではないかと思います。

なので、いつも出遅れてしまう。

出遅れた結果、「あまり儲けられなかった」ならいいですが、「飛びついたら反落して損した」となってしまう可能性も十分あります。

 

 今年は株式投資を頑張りますと言っておいて、この体たらく。

手法云々や何を優先するかとかよりも、まずは意識改革から始めなければ。

自分の失敗やら決意表明やらになってしまいましたが、あくまで成功者のブログではなく、道半ばの半人前な奴のブログということで、温かい目で見ていただければ。

変な記事になってしまいましたが、今日はこの辺で。