2

目標1億円!30代サラリーマンが早期退職を目指す!

早期退職のためにあらゆる投資・副業を調べたり試したりした内容を記載していきます

投資信託で楽々海外不動産に投資!

f:id:YOSHIO1010:20190329172558j:plain

不動産投資に興味を持っていましたが、現物の不動産となると高額なローンを組んだり、税金が増えたり、そもそも買い方も手続きもよく分かりません。

そこで、不動産そのものではなく、不動産関連の投資信託に興味を持ち、購入したのでまとめたいと思います。

 

 

 

新興国の不動産はこれからが買い!

日本を含む先進国では人口減少などから不動産の価値が下がってきているようです。

マンション等を建てても借りる人がいないですしね。

既にある建物も多いので飽和状態といえるでしょう。

それに対して新興国では人口も増加し建物の需要はどんどん高まっているようです。

なので、お金を持っている人は海外の不動産をかなり買い込んでいるとのこと。

経済成長期の日本の不動産を海外の投資家がバンバン買っていたのと似ていますね。

 

f:id:YOSHIO1010:20190329175009p:plain

上記のグラフは各国のREIT指数になります。

香港が飛びぬけていますね。

シンガポールも不動産の価格上昇で有名ですが、過去5年間でみると上昇率は止まりつつある感じです。

グラフにはありませんが、最近ではベトナムやラオスなども注目されていますね。

 

投資信託の検討

自分は 楽天証券 で取引しているので、証券会社により選べる投資信託は違う可能性があるので、ご了承ください。

 楽天証券では投資信託の検索の際に資産タイプを選択できます。

そこで海外不動産を選択します。

f:id:YOSHIO1010:20190329221704p:plain

また、投資地域も選択できるので、新興国とアジアを選択します。

f:id:YOSHIO1010:20190330132145p:plain

正直、投資信託の選び方が全然わからないので、トータルリターンで並び替えて、選ぶことにしました。

f:id:YOSHIO1010:20190330132549p:plain

そしたら上位2つが三井住友TAMのアジアREIT・リサーチ・オープンだったので、これに決定!

純資産が多い方が安定してるのかなーと漠然に思って、毎月決算型にしました。

 

まとめ

本当は投資信託も色々見て、決めるべきなんでしょうが、「手軽に海外不動産に投資できるというのがメリットである」という理由で始めたことなので、色々調べたり比較したりして、時間や手間をかけるなら本末転倒かなと思いサクッと決めました。

後は悩む時間が多ければ多いほど、結局はやらないというような選択をしがちなので、やろうと思った時にとりあえずやってみることが大事だと思っています。